耐火構造

壁・床・柱などの建築物の主要構造部分が一定の耐火性能を持った構造。

一定の耐火性能基準とは、通常の火災による火熱が一定時間(おおよそ30分?3時間)加えられた場合に、構造耐力上支障のある変形や溶融、破壊その他の損傷を生じないものであること

投稿日:2020/01/28   投稿者:-